浅草ビューホテルの宿泊記 | エグゼクティブDXツインビューバス

浅草エリアにある大型ホテル「浅草ビューホテル」のエグゼクティブDXツイン ビューバス(スカイツリービュー)に宿泊した記録です。お手頃なお値段ながら、質の高い宿泊体験でした。

浅草ビューホテルの概要

アクセス・立地

浅草エリア屈指の大型ホテルです。

つくばエクスプレスの浅草駅に直結。都営地下鉄浅草線や東京メトロ銀座線の浅草駅から徒歩10分、同じく銀座線の田原町駅から7分の場所にあります。

徒歩5分以内に日本最古の遊園地とされる浅草花やしきや浅草寺などがあり、観光地のほぼ真ん中にあるホテルです。すぐ隣には大型スーパー(ライフ)や、数分の場所にはドン・キホーテ、近隣には多数の飲食店があります。東京スカイツリーへは路線バス「スカイツリーシャトル」で15分・220円でアクセス出来ます(ホテル前にバス停アリ)

予約

以下の予約サイトで取り扱いがあります。

浅草ビューホテル エグゼクティブDXツインビューバス宿泊記

ホテル外観・ロビー

大通り沿いに建つ高層ビルです。浅草エリアでは最も背の高いビルだと思います。外観が少し古めかしいので、ホテルが見えた時は少し不安になりましたが、第一印象をしっかりと裏切ってくれる満足度の高いステイでした。

エントランス 空港行きのリムジンバスも停車していました。

チェックインカウンター前にはお神輿が飾られており、豪華な雰囲気でした。

客室(エグゼクティブDXツインビューバス)

今回宿泊したのは22階、エグゼクティブDXツインビューバスのお部屋です。

ベッドルーム

広さ37.5平米のお部屋です。天井高もあり、広々とした印象を受けました。玄関とベッドルームの間にも扉が一枚あります。

カーテンを締めたようす。外資系高級ホテルのような豪華さはありませんが、落ち着いた感じで良いと思います。

ベッドの上からもスカイツリーが見えます。

バスルーム

浴室とトイレ、洗面スペースが扉でちゃんと別れているタイプです。トイレからベッドルームまで扉が3枚あるので、カップルで宿泊しても安心だと思います。トイレの扉も透けません(笑)

ビューバスから見た景色。バスタブからもスカイツリーが見えましたが、窓がどんどん曇って最終的にはシルエットしか見えなくなりました(窓にシャワーを掛けたらスカイツリーが復活)

眺望

22階の客室からの眺望を紹介します。

ソファーとは別に、窓際に椅子とガラステーブルが置かれておりスカイツリーを目の前に眺めることが出来ます。テーブルは広さがあるので、ノートPCを持ち込んで仕事をするにも良いでしょう。フリーWiFiはダウンロード速度が100.2Mbps(平日15時過ぎに客室内で3回計測)と十分なスピードでした。

スカイツリーの手前には浅草寺と浅草花やしきがすぐ目の前に見えます。浅草寺・花やしきへは徒歩5分程度です。

アサヒビール本社の金色のオブジェもよく見えました。ほか、東京ゲートブリッジや、小さいですが葛西臨海水族園の観覧車も肉眼で確認できました。

夜景です。この日は雨が降っていたためスカイツリー上部が見えませんでしたが、ライトアップが非常に幻想的でした。

浅草寺と浅草寺の五重塔とスカイツリーを一緒に眺めることが出来ます。スカイツリーまで丁度いい距離があるので、眩しい感じの夜景ではなく、落ち着いた雰囲気でした。

20階には宿泊客用の展望室もありますし、朝食会場からもスカイツリーを楽しむことが出来ます。スカイツリーと反対側(シティビュー)のお部屋は、目の前にタワーマンションが建っている眺望でしたが、お値段はその分更に安いのでシティビュー側に宿泊するのもアリだと思います。

アメニティ

ネスプレッソを置くホテルが多いですが、こちらはillyのコーヒーマシン(カプセルタイプ)でした。コーヒーのカプセルは2つ、ほかティーバッグタイプの緑茶と紅茶と、オリジナルデザインのミネラルウォーターが2本置かれていました(無料)

グラスとコーヒーカップ、湯呑み茶碗もあります。

洗面所のアメニティはこんな感じ。固形石鹸もありますが、使いやすいポンプタイプのハンドソープも置かれています。

ミキモトのスキンケアセット。エグゼクティブフロア限定だそうです。ボトルで購入すると7000円以上する高級品だそうで、肌がとてもしっとりしました。ちゃんと人数分(2セット)用意されていたことに加え、洗顔フォームとローション、保湿クリームは2袋あったので1泊分ちゃんと使えます。

同じくエグゼクティブフロア限定のミキモトのバスアメニティ。上品な香りに加え、上質な質感でとても良かったです。これまで宿泊したホテルのシャンプー・ボディーソープの中では一番良い使い心地でした。

客室設備

冷蔵庫の中には有料のドリンク類が鎮座しています。

ベッド周りの照明スイッチや目覚まし時計など。時計の後ろにコンセントはありますが、USBポートはありませんでした。

加湿空気清浄機

朝食

料理

26階の「武蔵」が会場で、私が利用した時はビュッフェスタイルでした。オムレツはシェフが目の前で一つ一つ焼いてくださる形式です。

見た目の豪華さは無いかもしれませんが、一品一品とてもおいしかったです。パンもおいしかったのでおすすめです。

デザート類も充実。ヨーグルト(上の写真左端)も濃厚でおいしかったです。

最後の留めの一撃で「おっ!」と思ったのがフルーツ類。オレンジとマンゴーがとても甘く、上等な味がしました。オレンジはどこのホテルの朝食でも提供されていますが、これまで宿泊したホテルの中で一番の味でした。

豪華さやおしゃれな感じはありませんが、食事のクオリティは高く、非常においしいです。味付けも濃く無いので、朝食にちょうど良い感じです。

蓋付きの紙コップでコーヒーやお茶も客室に持ち帰りが可能でした。コーヒーもおいしかったです。

眺望

朝食会場からの眺望。スカイツリーが目の前に見えます。

上の写真の右下に見える黄色の塔は浅草花やしきです。浅草寺なども目の前に見えました。

隣のテーブルとの距離はしっかりと確保されていました。

感想・まとめ

外資系高級ホテルのような豪華な感じのホテルではありませんが、部屋の雰囲気も朝食もとても良い感じで、非常に満足度の高いホテルでした。アメニティ類に関しても、以前宿泊したここの2倍の宿泊料金のホテルよりも良かったです。

スタッフの雰囲気も、外資系高級ホテルのような仰々しい感じ(慣れないと少し気疲れする)は無く、ですがしっかりとおもてなしをしてくださる感じだったので好印象です。スタッフ同士もギスギスした雰囲気が無く、仲が良さそうだなという印象を受けました(先輩スタッフが丁寧に後輩を指導していた)

良くなかった点

非常に満足度の高い、おすすめ出来るホテルでしたが不満点を挙げるとすれば以下のとおりです。

  • 夜の浅草は雰囲気が少し怖い
  • 老朽化した感じは無いが、やや古い

1点目。昼間は観光地なので修学旅行生などで賑わう浅草ですが、夜は若干雰囲気が怖いかなと感じました(ドン・キホーテの周りとか) 女性一人、あるいは女性だけのグループで行くと少し怖いかもしれません。男性連れであれば特に問題は無いです。

また、1985年開業のホテルなので特に外観が少し古びた感じになっています。客室を含め中は比較的きれいですが、USBポートが無いなど最新の設備ではない部分もあります。客室自体は整備・清掃が行き届いており、怖い・汚いという印象はありませんでした。

客室から見た東京ゲートブリッジ